記帳代行をスムーズにする事前準備とは?

記帳代行は円滑な経営の第一歩!新潟市の【佐藤秀和税理士事務所】が起業・創業時の経営者様をサポートいたします。

記帳代行は円滑な経営の第一歩!新潟市の【佐藤秀和税理士事務所】が起業・創業時の経営者様をサポートいたします。

新潟市の【佐藤秀和税理士事務所】が承っている主な業務の一つが記帳代行です。

特に起業創業時は経営の舵取りに注力したいもの。会社を設立すると、税務署や県税務事務所、市役所へ税務の届出を行う必要が出てきます。それに伴い、毎月の会計記帳に関しても複式簿記にて取引仕訳を全て記帳する必要があるのです。

3期目からは消費税の申告義務もありますし、経営年数が長くなると税務署による調査も入ります。税理士が行う記帳代行でスムーズな税務調査の流れをつくり、円滑な経営のサポートにお役立てください。

記帳代行の前にどんな準備が必要?

記帳代行の前にどんな準備が必要?

記帳代行によって仕上がった帳票が基礎のしっかりしたものとなるためには、記載されている記録がどれだけ正確であるかがポイントです。つまり、会社や店舗で日々行われているお金の流れ方を示す「証拠」を、こまめに保管いただくことが重要となります。

・入出金の履歴

入出金の記録といっても大げさなものではありません。会社・店舗様の現金出し入れを記録した履歴のことです。POSレジのジャーナルといった日々の売上に関する記録、領収書の控えなどがそれにあたります。

・各種支払に関する請求書

水道光熱費、電話・郵便などの通信費、商品やサービスの提供に必要な仕入れにかかった費用など、必要経費に関わるお金がいつ・いくら・どのように出たかを示すものです。会社や店舗に入ってくるお金だけでなく、出ていくお金も税に深く関わっているため詳細が必要となります。

・預金通帳

現状、会社や店舗にいくらお金があるのかが把握できるものとして、預金通帳も記帳代行に必要な履歴です。ご依頼いただく際はコピーで構いませんが、こまめに通帳記帳をしておくと月ごとにデータの作成が必要な時でも安心です。

ここに挙げたポイントの記録は一見当たり前のように思えます。しかし、こうした「証拠」がしっかり記録・保管されているからこそ、税務調査をスムーズにし適正な税の納付が可能になるのです。

新潟市で記帳代行の依頼なら、飲食(居酒屋・レストラン)・美容院の起業・経理支援も行う【佐藤秀和税理士事務所】

新潟市で記帳代行をする【佐藤秀和税理士事務所】は、飲食居酒屋・レストランなど)・美容院の起業を検討中の方や、すでに会社を設立していて経理支援を依頼したい方からのご相談も承っています。

税金の申告・納付は重要な義務ではありますが、細かい規定も少なくないため雑務のサポートが必要だとお考えの経営者様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。新潟市で記帳代行や創業支援のご依頼はお気軽にお問い合わせください。

新潟市で記帳代行のことなら【佐藤秀和税理士事務所】

事業所名 佐藤秀和税理士事務所
住所 〒950-0917
新潟市中央区天神2-1-20グランティグルpartⅡ 201号室
TEL 025-384-0161
FAX 025-333-0584
URL http://www.hidekazu-tax.com/

コンテンツリンク